NOTE

スタンディング・バックプレス㉔<『うごき』での注意点2>

Ⅲ、三角筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
 
14、スタンディング・バックプレス
 
4)注意点
 
うごき:
(2)左右・前後のバランスに気をつける
 
安全に行うことをいつも頭に入れておく必要があります。
 
左右・前後のバランスを崩してしまうと、
これもケガ・故障につながる場合があります。
 
『かまえ』から『うごき』の最後まで、
左右・前後のバランスが上手く取れるように、
 
初心者のうちから繰り返し行うようにします。
 
そうすることで、
脳の中に正しくプログラミングされることになります。
 
左右のバランスが崩れる原因としては、
左右の筋力差と重量が重過ぎる場合が考えられます。
 
対策としては、
バランスが取れる範囲で調整を行うことで、対応できます。
 
前後のバランスが崩れる原因としては、
柔軟性(特に肩・肩甲骨周り)と重量が重過ぎる場合があると思われます。
 
対策としては、
肩や肩甲骨周りはもちろん、体全体のストレッチを十分に行うことと、
 
正しいフォームで行えるように、重量を落とすことです。
 
最優先すべきことは、重量に挑戦することではなくて、
 
ケガや故障をしない、科学に支えられた正しいフォームです。
 
まずは、正しいフォームをしっかりと固めて、
 
その後、重量に挑戦することになります。
 
初心者から上級者まで、いつも意識して、
 
「左右・前後のバランスに気をつける」ようにします。
 
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
タトラボではパーソナル指導、
講習会(少人数制)を行なっています。
 
是非、
皆様のご利用をお待ちしています。
 
私のDVDのご案内はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□
967.IMG_6661