NOTE

スタンディング・バックプレスの『かまえ』解説②

362.スタンディングの構え②バーは僧帽筋が一番分厚いところで担ぐ
 
バーは順手のオーバーグリップでしっかりと握り、基本的にはバーベルスクワットと同じように、肩(僧帽筋)の一番安定する、厚みのあるところで担ぎます。
 
その時の肘は後ろに張るようにします。
 
上に担ぎ過ぎると、頸椎に負担がかかり、痛くなりますので注意が必要です。
 
また、下げ過ぎると、肩関節や肩甲骨周り、肘関節にムリな負担がかかってきます。
 
パワーリフターのように、スクワットで高重量を上げるために、バーを下げて、僧帽筋と三角筋の後部の付け根で担ぐ方法とは違います。
 
「僧帽筋が一番分厚いところ」には、少し幅(1~3cmほど)があると思います。
 
バーを担いでみて、頭上に押し上げるイメージが、しっかりできるところになります。
 
この時にも、肩関節や肩甲骨周りの柔軟性が関わってきます。
 
日頃から、ストレッチを行い、バックプレスに必要な可動域を養っておくことが重要に思います。
 
担ぎ方をどのように工夫しても、痛みが出て、違和感があるような場合には、ダンベルプレスなど、迷わず他の種目に変更することも必要に思います。
 
そして、バックプレスができるようになる努力を続け、機会を待つことも、「楽しみ」の一つになると思います。
 
<参考文献>『トレーニング・メソッド』(ベースボール・マガジン社)石井直方著
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□