NOTE

スタンディング・バックプレスの『うごき』での膝の使い方②

47.サイドバック限りない可能性に挑戦する、床反力を最大に利用した、「全身を使って爆発的に押し上げ、戻す」という『うごき』は、大きなリスクを伴います。
 
従って、このような方法を使わなくてもできる範囲に留めておくことも、賢明な選択の一つだと思います。
 
行う場合には、特に『安全第一・効果第二』を念頭においていただきたいと思います。
 
ここでの課題は、どのくらい膝を曲げるか?
 
参考になるのは、ウエイトリフティングでの、「ジャークの膝の使い方」ではないかと思います。
 
軽い重量からしっかりと練習することをお奨めします。
 
10RM(10回ギリギリ)で押し上げる時に、膝を曲げて伸ばす時の反動を使い、余裕がある分、しっかりとこらえて下す方法も有効だと思います。
 
このようなことを繰り返しながら、床反力を最大に利用した、腰を落として、膝を曲げる感覚を身に付けるようにします。
 
基準としては、「つま先の真上に膝がくる」という具合ではないかと思います。
 
脚力が強い人では、膝の曲げが大きめになるようです。
 
<参考文献>
『トレーニング・メソッド』(ベースボール・マガジン社)東京大学教授 石井直方著
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□