NOTE

スタンディング・ダンベルプレス⑫<呼吸2>

Ⅲ、三角筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
 
16、スタンディング・ダンベルプレス
 
2)うごき 
 
②中上級者用の呼吸
 
『かまえ』がしっかりとできて、『うごき』に慣れてくると、
 
10RM(10回ぎりぎり)で行うようになります。
 
高重量に挑戦するようになると、
ダンベルの上げ下ろしの『うごき』の中では、
 
呼吸を止めて行うようになります。
 
“1秒”で素早く押し上げ、“2秒”かけて等速で下すような速さでは、
 
(1)頭上に押し上げた時に、素早く吐いて、吸い込む
 
(2)ダンベルが(三角筋)の横の『かまえ』の位置にきた時に行う
 
このような2つの方法があると思います。
 
(1)では、
寝て行う胸の運動のダンベルプレスと同様なイメージで行うと、上手くいくように思います。
 
初級者用をしっかりと覚えた後は、このような方法が一般的な呼吸法だと思います。
 
(2)では、
一回一回ダンベルが肩の横にきた時に、少し間を取って、呼吸をする方法です。
 
また、(1)の方法で、息が苦しくなった時には、
 
この状態で少し休み、
そこで何回か呼吸をしてから、力を溜め込み、押し上げる方法もあります。
 
この他にも方法があると思いますが、基本的な呼吸をしっかりと覚えて応用し、
 
いろいろと試しながら
自分にとってしっくりくる方法を取り入れるようにします。
 
上記の方法もその一つとして参考になれば幸いです。
 
効果を上げる呼吸法にも、『うごき』の速さと同様に、興味を引く楽しさが溢れています。
 
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
タトラボではパーソナル指導、
講習会(少人数制)を行なっています。
 
是非、
皆様のご利用をお待ちしています。
 
私の
『こどもの筋トレ』DVDのご案内(2017.11.21発売開始)はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/311/1/

 
前回のDVDのご案内、
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□
996.IMG_6670