NOTE

スタンディング・ダンベルプレス⑤<かまえ④⑤>

Ⅲ、三角筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
 
16、スタンディング・ダンベルプレス
 
1)かまえ 
 
④体全体をまっすぐにする
(ダンベル・手首・肘・股関節・足裏の土踏まずのラインを一直線で垂直にする)
⑤前を見る
 
ダンベル・手首・肘のラインが垂直になっているのを確認し、
 
その下は
股関節そして足裏の土踏まずにある重心が一直線になっているのが理想だと思います。
 
体幹はほんの少し反り気味で、
 
スタンディング・バックプレスとフロントプレスの中間辺りを意識すると、自然な固定ができると思います。
 
無理がなく『うごき』に集中できるような『かまえ』ができるようにします。
 
このようにして、体全体をまっすぐにし、
 
それができましたら、
前を見て、バランスが取れた状態を確認します。
 
これで『かまえ』の完成です。
 
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
タトラボではパーソナル指導、
講習会(少人数制)を行なっています。
 
是非、
皆様のご利用をお待ちしています。
 
私の
『こどもの筋トレ』DVDのご案内(2017.11.21発売開始)はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/311/1/

 
前回のDVDのご案内、
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□
989.IMG_6894