NOTE

スタンディング・ダンベルプレス④<かまえ①②③>

Ⅲ、三角筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
 
16、スタンディング・ダンベルプレス
 
1)かまえ 
 
①足幅は、踵で肩幅にする
②つま先は少し外側にして、足裏全体でバランスを取る
③ダンベルを肩の横にセットする
(ダンベル・手首・肘を一直線で垂直にする)
 
①②は、
バーベルを用いたスタンディング・バックプレスやフロントプレスと同じです。
 
できるだけしっかりと安定した状態で、
 
体全体のバランスを取るために必要な準備となります。
 
これは、しっかりと安全を守ることもありますが、
 
将来高重量に挑戦して
効果を上げ続けるためにも大変重要なことになります。
 
その次に
③のダンベルを肩(三角筋)の横にセットします。
 
ここでの課題は、
肩の横のどこにセットするか? ということになります。
 
肩を水平外転し、
手の平が正面を向いた状態(回外:パームズアウト)では、
 
ダンベルを肩の真横にセットすることができます。
 
また、肩を水平内転し、
手の平が向かい合う状態(回内;パームズイン)では、
 
ダンベルは肩の前にセットすることができます。
 
それらの可動範囲の角度は直角になります。
 
肩を水平外転するほどに、
三角筋の前部から中央部への効果を引き上げることができます。
 
お奨めは、
バックプレスとフロントプレスの中間辺りで、
 
自然に無理なくセットできるところを見極めるようにします。
 
肩の柔軟性や状態を考えて、
三角筋の効かせる部位を意識して決めるようにします。
 
ダンベルを肩の横にセットした時には、
 
ダンベル・手首・肘を一直線で垂直にします。
 
これは安全面と効果面において、とても重要なことです。
 
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
タトラボではパーソナル指導、
講習会(少人数制)を行なっています。
 
是非、
皆様のご利用をお待ちしています。
 
私の
『こどもの筋トレ』DVDのご案内(2017.11.21発売開始)はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/311/1/

 
前回のDVDのご案内、
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□
994.IMG_6902