NOTE

ショルダーシュラッグ⑬<うごきの速さ3>

Ⅲ、三角筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
 
20、ショルダーシュラッグ
 
2)うごき
 
<特別上級者用>
 
☆反動で上げて、こらえなら下す
 
反動を付けなければできないように重たくなってくると、
 
めいっぱい力を込めて、
肘を伸ばしたままで一気にバーベルを引き上げるようにします。
 
床反力を最大に利用するためには、
膝の曲げ方や体幹の力の入れ方を覚える必要があります。
 
バランス良く行うためには体幹を固定しながらも、
 
真横から
見て足裏の土踏まずにある重心の真上にバーベルの芯が来るようにして、
 
その軌道(力の作用線)上を上下する動きになります。
 
この時には膝を少し曲げて太ももにも力を入れて、
 
そこから膝を伸ばしながら、反動を使って床を強く蹴り返します。
 
上げた後はこらえながら戻すようにします。
 
膝を曲げ過ぎると僧帽筋ではなく、太ももに意識がいってしまい、
その加減を上手く調整する必要があります。
 
このような方法で、
刺激を逃がさないようにするには、やはり経験を積み重ねることになります。
 
また、スクワットで脚力を、
デッドリフトやベントオーバーロウで背筋を強化しておくことで、
 
より安全に行うことができます。
 
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
タトラボではパーソナル指導、
講習会(少人数制)を行なっています。
 
是非、
皆様のご利用をお待ちしています。
 
私の
『こどもの筋トレ』DVDのご案内(2017.11.21発売開始)はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/311/1/

 
前回のDVDのご案内、
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□
1076.IG_7016