NOTE

ショルダーシュラッグ⑥<かまえ⑤>

Ⅲ、三角筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
 
20、ショルダーシュラッグ
 
1)かまえ 
 
⑤足裏全体でバランスを取り、前を見る
 
重心を安定させるためには、足裏全体でバランスを取るようにします。
 
そうすることで、自然で伸びやかな動きができます。
 
足裏の重心は土踏まずの中央部にあります。
 
重量に挑戦するようになると微調整をしながら、
 
自分にとってより良い方法で行うように応用することをお奨めします。
 
しっかりと安全を守り、
効果を上げるためにはこのような下半身の使い方も重要になります。
 
そして全体的なバランスを取るために、自然に前を見ます。
 
目の前に壁や鏡(かがみ)がある場合には、
その遠くを見るイメージで行います。
 
壁や鏡にピントを合わせると、
その距離によっては効かせることではなく、バランスを取ることに集中してしまいます。
 
集中力は効かせる(筋肉に刺激を伝える)ことに使います。
 
中上級者になって高重量で行う場合には、斜め下前方を見て、
 
重さにかませるようにして、
僧帽筋をしっかりと伸ばすようにすることも効果につながるように思います。
 
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
タトラボではパーソナル指導、
講習会(少人数制)を行なっています。
 
是非、
皆様のご利用をお待ちしています。
 
私の
『こどもの筋トレ』DVDのご案内(2017.11.21発売開始)はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/311/1/

 
前回のDVDのご案内、
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□
IMG_7017