NOTE

ショルダーシュラッグ④<かまえ①②③>

Ⅲ、三角筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
 
20、ショルダーシュラッグ
 
1)かまえ 
 
①足幅は肩幅より少し狭くする
②つま先は少し外側にする
③腕を伸ばして、順手でバーベルを握り、手幅は肩幅にする
 
このような「かまえ」は、
スタンディングプレスやカール、サイドレイズなどとほぼ同じようになります。
 
より安定した状態で立ち、安全を守ることが大切です。
 
その上で力を出しやすいように、より効果的な動きができるようにします。
 
「つま先は少し外側にする」というのは、
左右のつま先が平行になった真正面を0度とすると、
10~15度外側になります。
 
私の場合には、スクワットの時よりは狭くなり、
「つま先で肩幅」辺りがしっくりときます。
 
これより広くなると、肩幅に取った手が太ももと重なり、
 
バランスを保ちながら
伸び伸びとした動きができなくなる場合があります。
 
手幅を肩幅にするのは、高重量に挑戦する場合でも、
 
より安全に、より効果的に行うことができるためでもあります。
 
手幅が広くなると
僧帽筋の動きが制限されることに加え、安定性にも問題が出てきます。
 
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
タトラボではパーソナル指導、
講習会(少人数制)を行なっています。
 
是非、
皆様のご利用をお待ちしています。
 
私の
『こどもの筋トレ』DVDのご案内(2017.11.21発売開始)はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/311/1/

 
前回のDVDのご案内、
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□
1078.IMG_7009