NOTE

サイドレイズ③<かまえ①>

Ⅲ、三角筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
 
17、サイドレイズ
 
1)かまえ 
 
①足幅は肩幅にする
 
この種目は三角筋の中部(側部)を鍛える運動ですが、
 
しっかりと地面をとらえることで、的確に効かせることができます。
 
バーベルやダンベルを使った
スタンディングプレスやカールと同じように、
 
股関節を使うスクワットのようなしゃがむ動きではありません。
 
従って少し幅を持たせて、
スクワットのような「踵(かかと)で肩幅」というように厳密にはしませんでした。
 
将来的には
より力を発揮しやすい足幅を考えることが重要になります。
 
動きづくりで大切なバリスティックトレーニングではチーティング(反動)を使います。
 
その時には、
全身を使い、瞬間的に床反力を利用した大きな力発揮が必要です。
 
そのための足幅ということになります。
 
スムーズな動きにつなげるには、自然な状態で構えるのが良いと思います。
 
高重量に挑戦するような場合、「かかとで肩幅」より広くなると、
 
バランスを保ちながら伸び伸びとした動きができなくなる場合があります。
 
私の場合には「つま先で肩幅」辺りがしっくりときます。
 
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
タトラボではパーソナル指導、
講習会(少人数制)を行なっています。
 
是非、
皆様のご利用をお待ちしています。
 
私の
『こどもの筋トレ』DVDのご案内(2017.11.21発売開始)はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/311/1/

 
前回のDVDのご案内、
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□
1014.IMG_6675