NOTE

ケガをしやすい種目⑥

569-%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%81%a7第四章:筋トレの実際
4-3、身体各部位のトレーニング
L、ケガをしやすい種目
 
トライセプスプレス(フレンチプレス)・ライイングを行う時には、
上腕を垂直から頭の方へ30°ほど傾けて行います。
 
そうすることで、
上腕三頭筋の長頭・内側頭・外側頭の3つの束のすべてに効かせることができます。
 
肘を伸ばした状態を0とすると、
力学的に曲げる角度が60°のところが一番大きな力がかかるようになっています。
 
どんなに正確なフォームで行ったとしても、
重たい負荷をかけることで、肘関節には大きな負担がかかることになります。
 
幸いに、上腕三頭筋の長頭は肘と肩をまたぐ2関節ですので、
 
肩を頭のほうへ少し回しながら行うと、肘に直接かかる負担を少し減らすことができます。
 
もう一つは、肘を曲げる時には3秒ほどかけてゆっくりと等速で行うようにするという工夫もあります。
 
これはスロトレの動きの基本でもあります。
 
私のDVD(今年2016年8月25日発売:リアルスタイル)では基本種目のフォームを紹介しています。
 
ご案内はコチラです。
 
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
ご覧いただければ幸いです。
 
<解説書・参考書>
 
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD)1999年11月30日発行
東京大学大学院教授 石井直方著
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□