NOTE

ケガをしやすい種目④

33.第四章:筋トレの実際
4-3、身体各部位のトレーニング
L、ケガをしやすい種目
 
アプライトロウの他に傷害になりやすい種目として、
石井先生はライイング・トライセプスプレス(フレンチプレス)を取り挙げています。
 
これは上腕三頭筋の運動で、
フラットのベンチに仰向きに寝て行います。
 
バーベルを拳一つ分ほど開けた逆手のナロウグリップで握り、
 
それを頭上に持って行き、ベンチプレスを行うような状態で肘を伸ばして構えます。
 
そこから円を描くようにして肘を曲げて、バーが額に付くように持って行きます。
 
このような状態で肘の曲げ伸ばしを行います。
 
この種目はとても効果的で、人気がある反面、
肘を痛める危険性も高いそうです。
 
石井先生は100㎏の重量を使って行った時に、
肘を痛めてしまった経験を述べられています。
 
これは肘の蝶番関節の構造的なしくみと力学的な肘への負担の大きさによるようです。
 
私のDVD(今年2016年8月25日発売:リアルスタイル)では基本種目のフォームを紹介しています。
 
ご案内はコチラです。
 
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
ご覧いただければ幸いです。
 
<解説書・参考書>
 
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD)1999年11月30日発行
東京大学大学院教授 石井直方著
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□