NOTE

ケガをしやすい種目①

564-%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%97%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97第四章:筋トレの実際
4-3、身体各部位のトレーニング
L、ケガをしやすい種目
 
筋トレでケガをしやすい種目の中では、デッドリフトやスクワットが挙げられます。
 
これらは以前も説明してきましたが、
致命的なケガにつながらないようにくれぐれも正確なフォームで行うことが重要です。
 
椎間板ヘルニアになってしまうと、それらの種目自体ができなくなることがあります。
 
その他の種目では、下記のご本の中で石井先生が指摘する
アップライトロウという肩の種目があります。
 
ご自身もですが、指導された東京大学の学生にもこの種目が合わず、
肩が痛いという経験をされています。
 
このような場合に石井先生は、
①痛かったらやらせない
②痛くない代わりの種目を探す
 
といった対応をするように説明されています。
 
筋トレの実践では、
指導者としての最も注意していく点だと思います。
 
私のDVD(今年2016年8月25日発売:リアルスタイル)では基本フォームの紹介をしています。
 
ご案内はコチラです。
 
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
ご覧いただければ幸いです。
 
<解説書・参考書>
 
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD)1999年11月30日発行
東京大学大学院教授 石井直方著
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□