NOTE

オーバートレーニング②

145..高西③第三章:筋トレの処方
3-1、トレーニング処方の原則
G、オーバートレーニング
 
オーバートレーニングと並行して観ていかなければならない大切なことがあります。
 
それは、
「トレーニング効果の表れ方」です。
 
初心者がトレーニングを開始すると、
使用重量がすぐに且つスムーズに伸びてきます。
 
嬉しい時期でもありますが、続けて行くうちに、
段々とトレーニング自体がきつく、苦しくなって、
 
伸びが小さくなり、
そのうちなかなか重量が上がってこなくなります。
 
実はこれからが
「筋トレにとって本当に大切な時期となる」ということです。
 
指導者はクライアントに、そのことを伝えることが重要になります。
 
それは、今後に大きく関わってくることになります。
 
初心者は、筋肉を太く大きく、強くした経験がありませんので、
 
伸びなくなってくるとやる気をなくし、
筋トレそのものを止めてしまうことにもなりかねません。
 
指導者としては、
①筋トレを開始して1ヶ月半から2が月では、筋肉は太くならない
②最初の内は100%の力を出しきれない
③100%の力を出せるようになるに従い、筋肉がついてくる
④本当の効果が出るのは2~3か月後からになる
 
このようなことをしっかりと説明することが大切になります。
 
<解説書・参考書>
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD)
東京大学大学院教授 石井直方著
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□