NOTE

インクラインプレス①

Ⅰ、大胸筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
4、インクラインプレス
 
今まで、説明してきたベンチプレス、ダンベルプレス、ダンベルフライでは、
 
大胸筋の中央部や下部が使われています。
 
しかし、上部はあまり使われていません。
 
上部を鍛える代表的な種目がバーベルを使った、
 
インクラインプレスということになります。
 
石井先生は下記の書籍の中で、
背もたれの傾斜角度をについて、標準的には45°としています。
 
傾斜角度が大きくなるほど、
肩の筋肉である三角筋への負担が大きくなり、
 
大胸筋への寄与が減ってくることになります。
 
フラットで行うベンチプレスに比べて、
上げる時の力は70~80%程度になるようです。
 
経験を積むことで、基本を応用して、
 
自分の体に適した背もたれの傾斜角度を調整することも必要になると思います。
 
 
タトラボ
http://tatlab.jp/
 
では3月にも、私の講習会を企画いたします。
 
お気軽にご参加いただければ幸いです。
 
私のDVDのご案内はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
<参考文献>
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD:1999年11月30日発行)
東京大学大学院教授 石井直方著
 
『トレーニングのホントを知りたい』
(ベースボール・マガジン社)
谷本道哉著
 
『筋肉の使い方・鍛え方』
(ナツメ社)
荒川裕志著、石井直方監修
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
Making body is making our happy life
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (タトラボ:高西トレーニング研究室)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□713.IMG_5932