NOTE

インクラインダンベルプレス⑩「うごき」

740.IMG_5477Ⅰ、大胸筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
 
4、インクラインダンベルプレス
 
2)うごき 
 
①下す <呼吸:吸う、等速:初級者3秒、中上級者:2秒>
 
(2)ダンベルを胸の上部の横に持ってくる(初級者1秒:止める、中上級者:止めない)
 
ダンベルを下して、胸の上部の横に持ってきます。
 
そうすると、肘の角度は90度より明らかに鋭角(えいかく)になります。
 
この時に肩の横に下すようにする方法もありますが、
 
そうすると肩や腕に効く割合が増してきます。
 
それは、肩や肘のケガや故障につながる心配があります。
 
安全面からも、
基本的には胸の上部の横に下すようにします。
 
胸の上部の真横に下すためには、『かまえ』の時に行ったように、
 
ダンベルをほんの少し「ハの字」した状態を保ちながら下すようにすると上手くいくように思います。
 
いろいろと試しながら、
しっくりくるようなやり方を身に付けるのが良さそうです。
 
 
私の講習会の予定を、
タトラボのWebサイト、
http://tatlab.jp/
 
タトラボのフェイスブック、
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/

 
に掲載しましたので、どうぞよろしくお願いいたします。
 
講習会には、
トレーナー、筋トレ愛好家、一般の方など、
 
筋トレに興味をお持ちの方はどなたでも参加いただけます。
 
お気軽にご参加いただければ幸いです。
 
私のDVDのご案内はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
<参考文献>
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD:1999年11月30日発行)
東京大学大学院教授 石井直方著
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
Making body is making our happy life
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (タトラボ:高西トレーニング研究室)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□