NOTE

インクラインダンベルプレス⑨「うごき」

737.IMG_5482Ⅰ、大胸筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
 
4、インクラインダンベルプレス
 
2)うごき 
 
①下す <呼吸:吸う、等速:初級者3秒、中上級者:2秒>
 
(1)ダンベルのグリップの真下に手首・肘を保ちながら、
胸の上部(鎖骨に近いところ)に下す
 
インクライン台で行うダンベルプレスは、
フラットで行うのに比べてバランスの取り方が難しくなります。
 
ダンベルの真下に、手首・肘を保つ場合は、
そのラインが一直線で、床に対して垂直(鉛直)になっています。
 
そして、胸の上部(の横)に下すというのは、
真下に下すようなイメージで行うと上手くいくようです。
 
実際にはベンチプレス(バーを胸の一番高くなっている所へ下す)
と同じように、
 
わずかに弧を描くような動きになります。
 
その時には
ダンベル・手首・肘が一直線で鉛直のまま、ということになります。
 
くれぐれも慎重に行うようにして、
バランスを崩して傷害にならないようにしなければなりません。
 
 
私の講習会の予定を、
タトラボのWebサイト、
http://tatlab.jp/
 
タトラボのフェイスブック、
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/

 
に掲載しましたので、どうぞよろしくお願いいたします。
 
講習会には、
トレーナー、筋トレ愛好家、一般の方など、
 
筋トレに興味をお持ちの方はどなたでも参加いただけます。
 
お気軽にご参加いただければ幸いです。
 
私のDVDのご案内はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
<参考文献>
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD:1999年11月30日発行)
東京大学大学院教授 石井直方著
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
Making body is making our happy life
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (タトラボ:高西トレーニング研究室)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□