NOTE

インクラインダンベルフライ⑭

759.IMG_5491Ⅰ、大胸筋とその周辺の筋肉群のトレーニング
 
5、インクラインダンベルフライ
 
「かまえ」での注意点 
 
☆肩が上がらないようにする
 
前鋸筋の運動として、
ダンベルを両手に持って、腕を伸ばして、
 
「かまえ」の状態から、
リハビリでよく行う肩を上げるというトレーニングがあります。
 
この時、肩甲骨も外側へ動いて、開いた状態(外転)になります。
 
この状態からダンベルフライの「うごき」に入ると、
大胸筋に力を入れることが大変難しくなります。
 
その分、肩と腕に負担がかかってきますので、
ケガや故障の心配が高まります。
 
それをできる限り予防するためにも、
「かまえ」でのポイントを、
 
「肩甲骨を寄せて(内転して)、胸を張る」
 
ということになりました。
 
効果を上げる意識が強過ぎて、
安全が疎かにならないように、くれぐれも注意して行う必要があります。
 
「うごき」でのポイント
 
☆胸の張りを保ちながら肘を曲げ、肘頭を真下へ向けるようにする
 
動きのスタート(かまえ)では、肘は伸びています。
 
その肘を少しずつ曲げていきながら、
ダンベルをしっかりと握り、円弧を描くようにして開いて、下げていきます。
 
この時に、肩甲骨を寄せたままで体幹のアーチを作り、
 
常に胸の上部を張った状態で行うことで、
大胸筋を大きく引き伸ばすことができます。
 
上げる時には、下げた軌道を戻るようにして、
円弧を描きながら閉じていきます。
 
この時にも、胸の上部を張って引き伸ばされた状態で行います。
 
動作中、肘頭を真下に向けていることで、
肘の蝶番関節の仕組みを上手く利用して、
 
更に大胸筋を引き延ばすことができ、効果的です。
 
また、そのことが肘関節を守ることにもなります。
 
くれぐれも傷害にならないよう、
安全を最優先して取り組むことが重要に思います。

「安全第一・効果第二」
 
というのは、私が考えたことですが、
インクラインダンベルフライの効果を上げるポイントは、
 
安全に支えられたものです。
 
<参考文献>
『レジスタンス・トレーニング』
(ブックハウスHD:1999年11月30日発行)
東京大学大学院教授 石井直方著
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
Making body is making our happy life
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
タトラボでは、
どなたでも参加いただける私の講習会を行なっています。
 
私のDVDのご案内はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (タトラボ:高西トレーニング研究室)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□