NOTE

みんなの『レジスタンス・トレーニング』

37.KIF_0146『レジスタンス・トレーニング』(ブックハウスHD)石井直方著、
 
“はじめに”の冒頭に、
「レジスタンス・トレーニング(筋トレ)には、筋肉の肥大、筋力やパワーの増大から、老化の防止、成人病(生活習慣病)の予防など様々な効果があります。
 
そして、老若男女を問わず、それぞれの健康状態や体力レベルに合わせて、誰にでも行うことができます。
 
トレーニングの種目はたくさんありますが、総じて動作は単純で、難しいものではありません。
 
また、動作が難しく習得に時間のかかる種目は、特別の場合を除き、良い種目とはいえません」
 
このような文章があります。
 
レジスタンス・トレーニングは、いろんな目的を叶える誰にでもできる、みんなの運動ということです。
 
そして、その運動は、誰にでも簡単にできます。
 
これは、レジスタンス・トレーニング、すなわち筋トレの最大の魅力だと思います。
 
簡単にできるということは、「短時間で効果を上げることができる」ということでもあります。
 
その上「安全管理がしやすい」という利点があります。
 
私の筋トレ指導では「最短・最高の効果を上げる」という最重要課題があります。
 
この課題を成し遂げるために、「安全第一」という最優先事項があります。
 
これらを組み合わせると『安全第一、効果第二』という結論に至りました。
 
この意味は、「最短・最高の効果を上げるために、でき得る限りの努力をして安全を守る」ということです。
 
安全を守るためには、日々精進してトレーニング科学の勉強を継続し、そこに経験を積み上げることではないかと思います。
 
その日々の過程には、興味深いこと、おもしろいこと、楽しいことがたくさんあります。
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□