NOTE

『スロトレ』エクササイズのポイント②

362.スタンディングの構え『スロトレ』の書籍の「エクササイズの5つの心得」の中の、
 
②ノンロック
 
というのは、目的の筋肉の力が抜けないようにするために、関節を伸ばしきらないことを言います。
 
例えば、スクワットを行う場合、構えの時に膝を伸ばしきった状態にすると、太もも全体の力を抜くことができます。
 
通常の方法では、10RM(10回限界)での後半に、太ももが張らないように、立ち上がった時に膝を伸ばしきって、呼吸を整えながら数秒間、動きを止めて休む場合があります。
 
そうすることで、張りがとれて、またスムーズに回数を行うことができます。
 
このようなことは、誰でも経験することができます。
何も持たず、立った状態で、膝を伸ばしきってから、太ももの力を抜いて自分の手で触ってみると、フニャフニャになっているのを確認できます。
 
このような状態を
「関節をロック(固定)する」と言います。
 
スロトレの場合には、逆に関節を固定しない「ノンロック」という方法で行います。
 
このようにして目的の筋肉に、成長ホルモンを出す刺激となる乳酸を溜め込むことができます。
 
従って、1回目より2回目、2回目より3回目、3回目より4回目、
というように回数を重ねることでより強い張り(パンプアップ)を感じ、きつくて苦しい感覚を伴うことになります。
 
何も持たず、立った状態から膝を少し曲げると、太もも全体に力が入ります。
その時太ももを触ってみるとカチンと硬くなっているのが確認できます。
 
スロトレでは、その状態を保ちながら、カラダをゆっくりと動かすことになります。
 
写真:
関節を固定したロックの状態
 
<参考文献>
『スロトレ』
<脂肪、燃えまくり。これが最後のダイエット!>
(高橋書店)石井直方・谷本道哉著
2004年7月15日発行
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□